トップページ > 感染症による出席停止について

感染症による出席停止について

発症時の連絡等について

以下の感染症の発症が診断された場合には、出席(登校)できません。

インフルエンザ
(新型を含む)
発症後5日、かつ、解熱後2日が経過するまで。
百日咳 特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌剤による治療が終了するまで。
麻しん 解熱した後3日を経過するまで。
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現した後5日間を経過し、かつ、
全身症状が良好となるまで。
風しん 発疹が消失するまで。
水痘 すべての発疹が痂皮化するまで。
咽頭結膜熱
アデノウィルス感染症
主要症状が消退した後2日を経過するまで。
その他の感染症 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで。
上記感染症への感染が診断された場合、出席停止の手続きが必要なため、以下のように対応をお願いいたします。

@担任への連絡

医師により、感染症の診断が出たら速やかに学級担任までご連絡下さい。

A「出席(登校)停止について(通知)」を受け取る

「出席(登校)停止について(通知)」という書類を医師から記入してもらう必要があります。 当ホームページよりダウンロードしていただくか、担任からの郵送になります。

B「出席(登校)停止について(通知)」を提出する

症状が改善しましたら医師から登校許可をもらい、担任に連絡の上、お子様を登校させてください。
なお「出席(登校)停止について(通知)」は登校時に担任までご提出ください。

各種ファイル

必要な方はプリントアウトの上、ご使用ください。

出席(登校)停止について(通知)